2531円,アコード/トルネオ,アウター側片側(フロント),AY18Q-31511,ピットワーク,ドライブシャフトブーツ,CF4-100,www.japoo.net,車&バイク , カーパーツ , 駆動パーツ , ドライブシャフトブーツ,/ecardinal1748023.html 2531円 ピットワーク ドライブシャフトブーツ アウター側片側(フロント) AY18Q-31511 アコード/トルネオ CF4-100 車&バイク カーパーツ 駆動パーツ ドライブシャフトブーツ ピットワーク ドライブシャフトブーツ アウター側片側 フロント トルネオ アコード 営業 CF4-100 AY18Q-31511 2531円 ピットワーク ドライブシャフトブーツ アウター側片側(フロント) AY18Q-31511 アコード/トルネオ CF4-100 車&バイク カーパーツ 駆動パーツ ドライブシャフトブーツ 2531円,アコード/トルネオ,アウター側片側(フロント),AY18Q-31511,ピットワーク,ドライブシャフトブーツ,CF4-100,www.japoo.net,車&バイク , カーパーツ , 駆動パーツ , ドライブシャフトブーツ,/ecardinal1748023.html ピットワーク ドライブシャフトブーツ アウター側片側 フロント トルネオ アコード 営業 CF4-100 AY18Q-31511

ピットワーク ドライブシャフトブーツ アウター側片側 フロント トルネオ アコード 営業 素晴らしい CF4-100 AY18Q-31511

ピットワーク ドライブシャフトブーツ アウター側片側(フロント) AY18Q-31511 アコード/トルネオ CF4-100

2531円

ピットワーク ドライブシャフトブーツ アウター側片側(フロント) AY18Q-31511 アコード/トルネオ CF4-100

商品の説明

※商品画像はイメージです。

日産/ピットワーク ドライブシャフトブーツ アウター側片側(フロント) AY18Q-31511 ホンダ アコード/トルネオ CF4-100 F20B MT,AT 2WD 1997年09月~1999年01月 2000cc

入数:1セット

入数:1セット

<セット内容>
●ドライブシャフトブーツ
●ブーツバンド(大径・小径各1個)
●グロメット(大径・小径各1個)
●溶着剤
●発熱シート
●グリース
●取扱説明書

(参考)純正品番:44018-S0A-C00,44018-S0A-010

安全上の注意
1.ブーツ取付け作業は必ず整備工場で行って下さい。
2.付属の構成部品以外は使用しないで下さい。
3.適合車種の該当部品番号以外は、使用しないで下さい。
4.ブーツと車両の干渉のある場合は、使用しないで下さい。
5.車両のドライブシャフトに異音、振動等、発生している場合は先にドライブシャフトの修理を行ってから交換して下さい。
6.車両に改造などある場合は、使用しないで下さい。
7.ドライブシャフト周りが熱い時の作業は危険です。冷えてから行って下さい。
8.作業時は換気を十分注意し、保護メガネ・手袋を必ず着用して下さい。

ご注意(免責)>必ずお読みください

-

ピットワーク ドライブシャフトブーツ アウター側片側(フロント) AY18Q-31511 アコード/トルネオ CF4-100

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.